「全身改造メソッド」を読み始めた。

昨日から、
中野ジェームス修一さんが書かれた
「全身改造メソッド」という本を
読み始めました。

これまでの闘病生活で唯一、
脱出できた!と感じられた時があって
その時は
有酸素運動と筋力トレーニングで
身体の土台を作ったことが
良い結果につながったのだと
思います。

今回も
フィジカルトレーナーである
中野さんのアドバイスを参考に
再度、一から身体を作っていこうと
考えました。

しかしながら今は
まだまだ体調が
一つのことに集中できる
状況にないので、
今日は
7部構成になっている本書の
第一部を読むことにしました。

第一部は
「まず生活習慣のリニューアルから始める」。

私が特に着目したのは
睡眠のところ。
人間の体を司っている
自律神経を安定させなければ
質の良い睡眠は取れない。

自律神経が安定している状態とは
朝は交感神経が優位に働き
夜は徐々に副交感神経が
優位に働くようになること。

これを実現させるために
やるべきことは

「朝は朝日を浴びて起き、
夜はなるべく決まった時間に床に就く」。

そして心身の適度な疲労。


簡単なようでなかなか難しい。

朝は全くもって体調不良で
起き上がることすらできない。
日中もほとんど体を動かすことを
していない。

でも、まだ時間はあるので
理想の状態に少しずつ
近づけるように
工夫をしていきたい。