読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォーカル・ポイント。

ブライアン・トレーシーの「フォーカル・ポイント」を再読した。

今の自分にまさにうってつけだった。

第4章「思考を変革せよ」では後頭部を殴られた感じがする。

「可能性の源泉とは、自分自身の思考にある」

自分の思考をコントロールできれば、自分を取り巻く世界に変化が起こるのだ。

「自分の思考がものごとの原因であり、その結果としての現状がある」

成功者たちはいつも、自分が欲しいものや、それを手にいれる方法について考えている。

以前に読んだはずなのに、新しいものを読んだ気持ちだった。

自分にあった本とは、何度読んでも発見がある本なのだろう。