読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to Rebirth.

僕を支えるもの、それは希望。

ウェアラブル端末。

ガジェット

約2年ほど前からウェアラブル端末を使っている。

わたしが使用しているのは、最初はfitbit Oneだった。

Oneを買った時は、ウェアラブル端末の流行りはじめのころで

持つことが目的のようなものだった。

当初、ウェアラブル端末はfitbit以外に数社程度の取り扱いだったが

最近は、Watchをはじめたくさんの商品がでて脚光を浴びている。

 

最初は、身につけていることで満足だったが

活動量やカロリーバランスなどのデータが

だんだん蓄積されていくにつれて手放せなくなった。

特にわたしが重宝している機能は睡眠計だ。

寝床に横になっている時間のうち

熟睡できている時間はどのくらいかを知らせてくれる。

厳密なデータは期待してなく

大まかな時間が把握できればいいと思っている。

人間は生き物なので、バイオバランスで多少好不調の波があるが

「何だかおかしいぞ」という時がある。

そんなときに、睡眠データを確認してみると

熟睡時間が、平均より著しく短かったりする。

原因を探ると、終日PCでの座り仕事で活動量が少ないとか

寝る前にiPhoneをいじっていたりとか

それだけが原因ではないにしても、熟睡を阻害する要因が思い浮かぶ。

 

仕事で一定のパフォーマンスを発揮するには

良質な睡眠をいかに確保するかが課題だ。

そういう意味で

ウェアラブル端末で大まかな傾向を可視化できるのはとても有り難い。

 

先日、2年くらい使用していたOneを

誤って洗濯してしまった。

一週間ほどOneなしの生活をしてみたが

活動量が見えなくなってしまうと不安になってしまった。

 

最近fitbitから新製品が3種類発売された。

そのうちの一つ、fitbit Chargeをこれを機会に購入してみた。

Chargeはブレスレット型で、おそらく洗濯はしないだろう。

着け心地も悪くなく、仕事の作業の邪魔にもならない。

これでまた元どおりの生活に戻れる。

 

一日だけのデータならばあまり意味をなさないが

長期間の蓄積されたデータはとても大きな力をもつことを

実感した。

↓ 今回購入したfitbit Charge

f:id:yfglobal:20150410163358j:plain