読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to Rebirth.

僕を支えるもの、それは希望。

うつを克服する方法として「アファメーション」をはじめてみた。

病気 雑感

f:id:yfglobal:20170423131439j:plain

アファメーションを始めました。
ウォーキングをしている時や
夜、寝床に入ってからとか
朝、目がさめた直後とかにやっています。
唱えていることは
「幸せだなぁ」
「ありがたいなぁ」
「素晴らしいなぁ」
「楽しいなぁ」
「嬉しいなぁ」・・・
少しずつですけれど
気持ちが晴れやかになる瞬間が
多くなってきたような気がします。
ウォーキング中などは
ハイな気分になれます。

宮島賢也先生が書かれた
『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』にも
アファメーションの有効性が書かれています。
先日のTVでも
うつを予防または克服する唯一の方法として
アファメーションが紹介されていました。

宮島先生によると
3週間ぐらい経過した頃から
アファメーションの効果がより感じられるらしいです。

まだアファメーションを始めてから
1週間程度しか経っていませんが
いずれ大きな効果が現れることを信じて
継続して行きたいと思ってます。

「ブリッジ・オブ・スパイ」をみたよ。

映画

 

f:id:yfglobal:20170407182911j:plain

スティーブン・スピルバーグ監督の映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を観ました。
東西冷戦時代に実際にあったお話を基にした作品。
スピルバーグの作品は「ジュラシック・パーク」なんかの娯楽作品も好きですが、
こういった社会派の作品も大好きです。
なんというか、人はみんな大切な存在なんだよって教えられる気がするんです。
主演のトム・ハンクスは私が一番好きな俳優さんです。
この作品でもその演技の素晴らしさには唸ってしまいました。
アカデミー助演男優賞を受賞したマーク・ライランスもとてもよかった。
また時間を見つけては再度観てみたい作品でした。

 

 

新入社員へのおすすめ本。

f:id:yfglobal:20170404202218j:plain

 

私がよく読んでいる倉下忠憲さんのブログ「R-style」で
新入社員へのおすすめ本2017という記事がアップされていたので
この企画に乗らせていただきました。
と言っても、倉下さんのように
たくさん本を紹介できるほど読んでないので
私のおすすめBest1を紹介したいと思います。

 

f:id:yfglobal:20170404201822j:plain

 

著者はライフネット生命の会長である出口治明さん。
巷に溢れる仕事術の本とは一線を画す内容です。
アラフィフとなった私でも時折読み返しては
そうだったなと足元を確認する機会を与えてくれます。
特に「数字」「ファクト」「ロジック」のところや
「歴史の軸」「場所の軸」はとても勉強になります。

 

 

今の自分を全力でぶつけるということ。

雑感 ランニング

ランニングを習慣化しはじめて
6週目になりました。
右脚脛の痛みが
かなり酷くなってきたので
ランニングは一旦中断して
ウォーキングに切り替えることにしました。
ここで無理して走られなくなるよりは
ウォーキングを継続して
筋力がつくのを待ったほうが
得策です。
しっかり基礎固めをして
また走れるようになったら
思い切りランニングを楽しみたい
と思います。

 

先日、娘が卓球大会に出場するので
応援に行ってきました。
学校対抗のリーグ戦と
リーグ上位校による
トーナメント戦でした。

娘たちはリーグ戦では
接戦に次ぐ接戦で
かなり健闘したのですが
残念ながら敗退してしまいました。
でも次に繋がる内容でした。
次の大会では是非
頑張って欲しいと思いました。


試合を見ていて強く感じたのは
今の自分が持っている力を
全力でぶつけることの大切さです。
自分がこれまでやってきたことを信じて
一生懸命に頑張る。
結果が良ければ
次の高みを目指して頑張れる。
結果が不本意であれば
今の自分には何が足りないのか
どうしたら追いつけるのか
多くの反省点を得ることができます。
次につなげることができます。

一番やってはいけないのは
実力差があるから
負けても仕方がない
アンラッキーなことがあると
今日の自分はついてないから
仕方がないと
諦めてしまうこと。

心のありようは行動に表れます。
行動のありようは
それを見ている人に影響を及ぼします。

娘たちの試合を見ながら
諦めない自分、
次に繋がる自分、
他人に良い影響を与える自分があるか。
そんなことを考えました。


また明日からもがんばろー!

 

 

 

体調管理に使っているiPhoneアプリを紹介してみる。

ガジェット

今日は私が日頃体調管理に利用している
iPhoneアプリをご紹介したいと思います。

 

ランニング

 

Runkeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

Runkeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

  • FitnessKeeper, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

Nike+ Run Club

Nike+ Run Club

  • Nike, Inc
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

ランニング用アプリとして
この二つは鉄板ですね。
ランニング中はラップタイムなどを
教えてくれます。
ランニングのログが残せて
モチベーション維持に役立っています。
NIKE+RUN CLUBは毎週日曜日が
5㎞チャレンジデーになっていて
楽しく走ることができます。
いずれも無料で利用できます。

 

 ストレッチ

 

Sworkit パーソナルトレーナー

Sworkit パーソナルトレーナー

  • Nexercise
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

走った後はストレッチをしています。
このアプリは多彩なポーズがあり
時間などもカスタマイズできるので
とても重宝しています。
これも無料で利用できます。

 

活動量

 

Fitbit

Fitbit

  • Fitbit, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

活動量のログはFitbitを利用しています。
活動量計と同期することで
一日の活動量が視覚化でき
とても重宝しています。
アプリ自体は無料です。

 

f:id:yfglobal:20170321191100p:plain

 

 

習慣化

 

Habit List - routines, goals & habit tracker

Habit List - routines, goals & habit tracker

  • Scott Dunlap & Gerard Gualberto
  • 仕事効率化
  • ¥480

 

習慣化アプリは
色々な種類のアプリが出ていますが
私はこれを利用しています。

 

睡眠

 

寝たまんまヨガ 簡単瞑想〜リラックスした睡眠で不眠解消〜

寝たまんまヨガ 簡単瞑想〜リラックスした睡眠で不眠解消〜

  • Excite Japan Co.,Ltd.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

人間の活動で最も大事な睡眠。
私はうつ病になってから
睡眠障害に悩まされましたが
睡眠導入剤自律訓練法の併用で
なんとか乗り切ってきました。
この寝たまんまヨガを知ってからは
ほとんど毎晩利用しています。
ほとんど速攻で爆睡って感じです。

 

まとめ

病気になってから
健康のありがたみをとても
感じるようになりました。
健康管理には適度な運動と
十分な睡眠がとても大切。
振り返って見て
最近不摂生が続いているな
と感じる方がいらっしゃったら
転ばぬ先の杖です。
少しづつでいいので
健康のことに時間を割いてください。